方言ページへ      情報室TOPへ
 ちゃわんむしの歌
 
ちゃわんむしのうた

うんだもこら いけなもんや あたいげどん ちゃわんなんだ
 ひにひにさんども あるもんせば 
きれいなもんごわんさ 
ちゃわんについた むしじゃろかい 
めごなどけあるく むしじゃろかい
まこて げんねこっじゃ わっはっはー

ある茶店で客が「茶わんむし」を注文した。ところが主人、店員とも「茶わんむし」の料理名を知らない。主人は、客に出したお茶に虫がいたとかんちがい。店員をよびつけ「おまえは茶わんを洗ったのか。お客さんが茶わんに虫がついていると言いよるぞ」
店員は「日に日に三度も洗っているんです。いったいその虫は茶わんにひっついていた虫でしょうか。それともめごなどをはねあるく虫でしょうか。茶わんについている虫なら私の責任ですが。」と意気まくのに主客大笑いという一幕
 「ちゃわんむしのうた」方言考
うんだもこら(あらまあ)    いけなもんや(どうしたことでょう)   あたい(私)   まこて(まことに)
げんね(はずかしい) めご(めのあらいかご)


 うんだも(あらまあ) コラ いけなもんな(どうしたことか) 
あたいどんが(わたしのところの)茶碗なんだ 
日に日に三度も洗(あ)るもんせば(あらいますので)
きれいなもんごわんさ
茶碗についた虫じゃろかい 
目籠(めご)など蹴あるく 虫じゃろかい
ほんにゲンネこっじゃ ワッハッハ


茶碗蒸(卵とじ)のムシを虫と感ちがいした笑い話で、原作には最後のワッハッハは無く、また途中も多少ちがっている
ルーツは 
 鹿児島の俗謡。大正末期、石黒ヒデが姶良郡の小学校で学芸会の劇中唄として作られた。
石黒さんの娘、安子さんの話「不幸な生い立ちの少女の主人公の劇を母が作ったそうです。でもかなりセンチメンタルな内容だったので別の学校に転勤した翌年、最後の部分を作りなおし、そこで茶わんむしの歌をつけたそうです。吹雪の原から春の森へと抜け出て希望を見いだした少女らが、茶店へ入る。そこで茶わん蒸しを注文したところ、店の女性が「茶わん虫」と聞き違えた。」その後ヒデさんは教師を辞めて上京、50年あまりたって、ふるさとで茶わんむしが歌われているのを知ったという。・・・・・・ 1998・6・27南日本新聞記事から
茶碗蒸(卵とじ)のムシを虫と感ちがいした笑い話で、原作には最後のワッハッハは無く、また途中も多少ちがっている
楽譜
 
平成ちゃわんむしの歌 
 投稿によるちゃわんむしの歌
  あなたの耳にした「ちゃわんむしのうた」、自分で考えた「ちゃわんむしのうた」・・・
笑いとユーモアにみちたちゃわんむしのうた
あなたも投稿してみませんか。
歌詞のなかには「うんだもこらいけなもんな・・・げー・・・・なんだ・・・・
まこてげんねこっじゃ・・・」というスタイルで「うんだもこら」の出だしのことばは必ずいれる。
このページ「平成茶わんむしの歌」は方言交流掲示板からの転載作品です。

うんだもこらいけなもんな
 あたいげ-ん息子なんだ
 日に日にろっども食ろもんせば
 たまげたもんぐぁんさ-
 あたいがちっかたがすんねたろかい
 あてごた茶碗がこめたろかい
 まこてげんねこっじゃ
 おっほっほ

ウンダモこら、いけなモンな?
あたいげーのウッカタ(家内)なんだ
年々5キロも肥えもんせば、
なまふてもんぐわんサー、
どこでも、ないでも、くろたろかい、
アタイがヤシネ(養い)が良かたろかい、
まこてげんねコッじゃ、
ガッハッハ。

清美   がねてご

♪うんだもこら い〜けなもんな
あたいげーん  とーちゃんなんだ
朝んめ5時から 起きもんせば
せからしもんがんさー
はよー めしゅ(ご飯) つくらんか!
いっづい ひん寝っちょとか!
まこーち せからし とーちゃんじゃ!

♪うんだもこら い〜けなもんな
あたいげーん  かーちゃんなんだ
人んはなしを 聞きもんせば
いっき 忘るい人ごわんサー
あたいのけもん(買物)を 頼んだーち
食おごたい 料理を言うたーち
いっき忘るい かーちゃんじゃ!

まだまだ健在の両親で、相変わらずです。^^
よこちん  

ンダもこら いけなもんナ
あたいげぇーの バカ猫なんだ
しょっちゅうネズンな  といそこねて
やっせん猫じゃんさー
爪どま めぇーばん とったろかい
くろして といめじゃなかたろかい
まこてげんねこっじゃ  あっはっは


ネズン(鼠)
といそこねて(捕まえ損ねて)
やっせん(役立たず)
めぇーばん(毎晩)
とったろかい(砥ぐんだろうか
くろして(暗くて)
といめ(鳥目)
がねてご:>がねてごさん、ねこバージョンなのですね。なんかかわいらしい…。
私は、とったろかい(研ぐんだろうか)以外のとこはわかると思います。
とったろかいは「捕ったろかい」と読み違えてしまいそうでした(~_~;)<評>凪子さん

♪うんだもこら いーけなもんな
さっきひいめしゅ(昼飯) 食ーたとに
また腹がへっきたよー
なんべでん (何杯でも) めしゅ食うたーち
ずばっおかずを 食うたーち
まこーてげんねこっちゃ  わっはっは

♪うんだもこーら いーけなもんな
ビールがなかなか 辞めがならんじ
こまった もんがんさー
風呂からあがっちゃ  いっぺ(1杯)飲ん
からあげ食ーちゃ  いっぺ飲ん
まこーてげんねこっちゃ  わっはっは

よこちん;これは実話なのが「げんねこっちゃ」すったい げんねわい。<自己評)

ンダもこら いけなもんナ
あたいゲェーの ばかいんなんだ
ぬすとがいってん しれっとして
おらばん いんじゃんサー
うたれあせんかち おもたろかい
むくっな こんおれ にたたろかい
まこてげんねこっじゃ アッハッハ

意訳
こらまた どうしたことでしょう
私の家の馬鹿犬なんか
盗人がはいっても 素知らぬ振りで
鳴かない犬なんです
打たれはしないかと思うんでしょうか
無口なこの私に似たのでしょうか
なんとも 恥ずかしい事です、あっはっは
がねてご

ンダもこら いけなもんナ
あたいゲェーの すいこっなんだ
めってな つかわじ おすえんすんで
ごんくろちょいもんサー
そんうち すみそをすったろかい
とのじょを うっとき つこたろかい
まこてげんねこっじゃ ワッハッハ

語訳
すいこっ=擂り粉木
めってな=めったに
おすえんすん=台所の隅
ごんくろちょっ=ほこりを被っている
がねてご

ウダもこらいけなもんな
あたいゲェーの掛け軸なんだ
半年一度は掛け直せば
そがまし有いもんさー
むっかし(難しい)漢字の詩もあんさ
わけくちゃ分からじ見ちょいもさ
まこてげんねこっじゃ あっはっは

ンダもこらいけなもんな
あたいげぇーのうっかた(家内)なんだ
けもん(買い物)に出たぎい暗ろないさっさ
もどっちゃ来もはんどー
店ごしゴッソイこうたろかい
値引きょすいはざ 待ったろかい
まこてげんねこっじゃ わっはっは

ンダもこらいけなもんな
あたいゲェーのとのじょなんだ
ひいから(昼から)しょつどん チビチビくろて
ヨタヨタさるちょんさー(歩き回っている)
そんうち かんぞ(肝臓)でケ死んどかい
保険な ふてとい変えちょこかい
まこてげんねこっじゃ アッハッハッ

ンダもこらいけなもんな
あたいゲェーのバカとと(亭主)なんだ
テレビを見っとき鼻どんくじって
きっさね(汚い)もんぐぁんさー
空気のとおいが悪りたろかい
タバコんヤネどが 付ったろかい
まこてげんねこっじゃ アッハッハ

がねてご がねてごの妻
もう、おもしろすぎです。なんて才能のあるご夫妻なんでしょう。。。すばらしい『詞』ですね〜。
<評>よこちん

 平成ちゃわんむしのうた募集
あなたもちゃわんむしのうたを投稿してみませんか。
  募集要項:原則として歌詞のなかには「うんだもこらいけなもんな・・・げー・・・・なんだ・・・・
まこてげんねこっじゃ・・・」というスタイルで「うんだもこら」の出だしのことばは必ずいれる。
メールからの投稿でお願いします。
  サイド計Count  top累計Count