ふるさと探訪記TOPへ

椅山(うるしやま)滝錦江町

椅山(うるしやま)滝は、神ノ川上流,県道68号線沿いの錦江町半ヶ石にある。落差は5m前後、滝つぼは川幅全体に広がっている。落差はそんなにないが水量が多く、滝上部の狭い窪みから末広がりの直瀑となって勢いよく流れ落ちる様は迫力がある。滝上段にも落差のない岩間から流れ落ちる小さな滝と滝つぼがある。椅山滝一帯から下流数百メートルの左岸は断崖絶壁の渓谷が続き、一枚岩の岩盤が浸食された窪みや小さな滝が、美しい渓谷美をかもし出している。

椅山滝全景。落差はそんなにないが滝つぼ全体が川幅全体までひろがっている。

椅山滝上段部の落差のない小さな滝と滝つぼ

滝左岸側面の断崖絶壁の風景が、渓谷美をかもし出している。

椅山風滝
椅山滝一帯から下流へ数百メートルの左岸は断崖絶壁の渓谷が続き、川床が一枚の岩盤上の岩間を縫って渓流が流れる。

滝下流左岸部の渓流と渓谷風景

滝下流左岸部の渓流と渓谷風景

川床が一枚の岩盤上を流れる渓流

一枚岩の岩盤が浸食された窪みや小さな滝が、美しい渓谷美をかもし出している。

椅山(うるしやま)滝への案内

県道68号線沿い、錦江町城元の「小平温泉」

「小平温泉」の200m上の「うるし山」表示のバス停。滝案内板はなし

県道68号線沿いの湧水水飲み場も目印のひとつ。滝はこの場所の道路真向かいの崖下にある。 


探訪日 2009・10・2